カテゴリー
電機メーカー

フジクラの企業格付・就職偏差値【業績動向から平均年収まで解説!】

企業概要

フジクラは、電力ケーブル・光ファイバ・情報通信機器・自動車向けワイヤハーネスを主力製品とする電機メーカー。1885年に藤倉善八が綿巻線の製造を目指して創業。1890年にはゴム巻線の国産化に成功して、日系電線メーカーの雄として躍進。1970年代から光ファイバの研究開発を進め、現在では情報通信機器・光ファイバも主力事業の一角。自動車向け電装品にも強く、独フォルクスワーゲンと親密。同業の住友電気工業古河電気工業と並んで電線御三家と称され、企業規模は業界3位。光ファイバ融着機で世界シェア首位、フレキシブルプリント基盤では世界シェア3位を掌握。

POINT

1.電線メーカー御三家の一角、光ファイバなど情報通信分野でも世界的
2.売上高・利益いずれも急改善、財務体質は良化傾向だが普通レベル
3.平均年収769万円だが業績次第で大きく変動、住宅補助が手厚い

カテゴリー
電機メーカー

安川電機の企業格付・就職偏差値【業績動向から平均年収まで解説!】

企業概要

安川電機は、産業用ロボット・ACサーボモータ・インバータを主力製品とする電機メーカー。1915年に電動機の開発を目指して福岡県北九州市で創業、戦前から電動機・モーター分野で存在感を発揮。1977年には国産初となる電気式多関節ロボットの開発に成功、これまでに270万台以上を納入して自動車・半導体・電機分野などで工場自動化に貢献してきた。現在では産業用ロボット分野で世界シェア3位、ACサーボモータでは世界シェア1位を誇る。

POINT

1.産業用ロボット世界3位の電機メーカー、ACサーボモータ世界首位
2.売上高は成長基調で利益も堅調、財務体質も優良で高利益
3.平均年収862万円だが業績次第、福利厚生は住宅補助が手厚い

カテゴリー
小売流通会社

ケーズホールディングスの企業格付・就職偏差値【業績動向から平均年収まで解説!】

企業概要

ケーズホールディングスは、家電量販店「ケーズデンキ」を展開する大手小売企業。1947年に茨城県水戸市でラジオ修理店として創業。1950年代から家電量販店へと業態を転換して「カトーデンキ」として事業拡大。POSレジを1980年代から導入して効率的オペレーションを構築。1997年には「ケーズデンキ」へと商号変更、全国各地の家電量販店を次々と傘下入りさせて全国区へと躍進。現在ではヤマダ電気・ビックカメラに続く業界3位であり、全国550店舗を展開。東北・北関東エリアに強い。

POINT

・家電業界で売上高3位だが財務体質・利益率トップ、社是はがんばらない経営
・売上高・利益は2020年まで右肩上がり、直近3年間は横ばい傾向
・平均年収536万円で業界トップ、創業社長の方針で福利厚生も極めて手厚い

カテゴリー
小売流通会社

ビックカメラの企業格付・就職偏差値【業績動向から平均年収まで解説!】

企業概要

ビックカメラは、家電量販店「ビックカメラ」「コジマ」「ソフマップ」などを展開する大手小売企業。1968年に写真現像店として群馬県高崎市で創業。1970年代には東京都へと進出、都市部のターミナル駅前に大型店舗を構えるレールサイド戦略によって躍進を果たした。2006年には同業のソフマップを連結子会社化し、2012年には郊外型店舗に強いコジマを連結子会社化、現在では都市部と郊外いずれも得意とする家電量販店グループを形成。BSデジタル放送をおこなう日本BS放送の筆頭株主でもある。

POINT

・家電業界2位の巨大グループ、都市型店舗・郊外型店舗いずれも強いバランス型
・売上高・利益は安定的、財務体質は業界下位レベル
・平均年収482万円で住宅補助も基本なし、独身寮も首都圏のみ

カテゴリー
小売流通会社

ヤマダホールディングスの企業格付・就職偏差値【業績動向から平均年収まで解説!】

企業概要

ヤマダホールディングスは、家電量販店「ヤマダ電機」を展開する大手小売企業。1973年に夫婦2人の個人商店として群馬県前橋市で創業。当初は普通の家電量販店に過ぎなかったが、1980年代に大型店舗開発・POSシステム・自前物流網によって低コスト&大量販売体制を実現。他社よりも高く仕入れて安く売るビジネスモデルで、電機メーカー・消費者のニーズを掴んで急成長を果たした。現在では売上高1.6兆円・国内770店舗以上を誇り、家電量販店として断トツ首位。注文住宅やリフォームも手掛ける。

POINT

・家電業界で売上高・店舗数いずれも断トツ首位、地方都市の郊外型店舗に強み
・売上高・利益は安定的、財務体質も業界平均レベルで良好
・一般社員で年収400万円ほど、店長クラスで年収600万円が目安