カテゴリー
電機メーカー

オンキヨーホームエンターテイメントの企業格付・就職偏差値【業績動向から平均年収まで解説!】

企業概要

オンキヨーホームエンターテイメントは、オーディオ機器・ヘッドホン・イヤホンなどを主力とした電機メーカー。1946年に松下電器産業を退職した五代武がスピーカー工場として創業。1957年に東芝グループ入りを果たし、1960年代のオーディオブームで業績拡大。が、2000年代以降はオーディオ産業の斜陽化により衰退。2018年以降は事業売却を繰り返し、2021年にはシャープに祖業のホームAV事業を売却。イヤホンや車載スピーカーでの事業継続を模索していたが、2022年に破産手続を開始して事実上倒産。現在ではシャープ傘下のオンキヨーテクノロジーが「オンキヨー」ブランドを継承。

POINT

・日本を代表するオーディオブランドの一角、2022年に経営破綻
・売上高は急減少で慢性赤字体質、財務体質は債務超過で壊滅的
・破綻前後に別会社へと事業分割、シャープ傘下でホームAV事業は今なお存続

カテゴリー
日用品メーカー

ユナイテッドアローズの企業格付・就職偏差値【業績動向から平均年収まで解説!】

企業概要

ユナイテッドアローズは、紳士服・婦人服・雑貨品を主力とする大手セレクトショップ。1989年にBEAMS出身の重松理がライフスタイル提案型のセレクトショップとして渋谷で創業。国内外の優良品を仕入れ販売する手法のみならず、自社商品を積極開発する方針で業績を拡大。顧客層にあわせてストアブランドを分けることで、若者から中高年まで幅広い顧客基盤を確立。現在ではBEAMS・SHIPSと並ぶ日系3大セレクトショップとして君臨、業績面では他社を引き離して断トツ首位。

POINT

・衣料品セレクトショップの業界最大手、ストアブランドの使い分けが巧
・売上高はCOVID-19から低下、財務体質は悪くないがやや資本過少
・平均年収429万円だが、本部総合職なら年収500万円以上は到達可能

カテゴリー
エンタメ会社

【勝ち組?】コナミグループの就職偏差値と平均年収・待遇【企業研究レポート】

企業概要

コナミグループは、ゲーム・アミューズメント機器・カジノマネジメントシステム・フィットネスクラブなどを展開するエンタメ会社。1969年にジュークボックス修理業者として創業、1970年代にアミューズメント機器分野へと進出。1980年代からはゲーム・玩具分野にも進出、「実況パワフルプロ野球」「ウイニングイレブン」「ときめきメモリアル」「遊戯王オフィシャルカードゲーム」などの名作を輩出。2011年には同業大手のハドソンを買収して完全子会社化。現在では、トレーディングカード分野・カジノ分野において世界シェア5位以内の最大手であり、フィットネスクラブ運営会社として国内首位。

POINT

・ゲーム・アミューズメント機器における業界最大手の一角、スポーツ関連事業も
・売上高は成長基調で高利益率、財務体質も優良
・平均年収725万円だが福利厚生は薄め、初任給は確定拠出年金の手当まで込み

カテゴリー
飲料メーカー

伊藤園の企業格付・就職偏差値【業績動向から平均年収まで解説!】

企業概要

伊藤園は、緑茶・麦茶・ウーロン茶などを主力とする飲料メーカー。1966年に茶葉商店として創業。1974年に静岡県に生産拠点を構えてメーカーへと転身、中国企業と提携してウーロン茶を日本国内で普及させた。1980年代から清涼飲料水を手掛けるようになり、「お~いお茶」を発売。1990年には世界初となるペットボトル緑茶の製品化に成功して、茶系飲料分野で国内首位へと上り詰めた。コーヒー店チェーン「タリーズコーヒー」を展開するタリーズコーヒージャパンは当社の完全子会社。

POINT

・茶系飲料において国内首位の飲料メーカー、タリーズコーヒーも展開
・売上高は2018年からやや減少傾向、財務は堅いが低利益率
・平均年収550万~600万円で推移、平均勤続年数17.2年と長め

カテゴリー
鉄道会社

京成電鉄の企業格付・就職偏差値【業績動向から平均年収まで解説!】

企業概要

京成電鉄は、千葉県・東京都において鉄道事業・バス事業・百貨店行・不動産業などを展開する大手鉄道会社。1909年に東京~成田間を結ぶ鉄道会社として創業、創業直後から電力・食品・薬品など事業多角化。戦後には新京成電鉄を創立して松戸~津田沼間を接続、千葉県周辺の開発事業への積極投資を進めた。1980年代には業績不振に陥ったが、グループ会社のオリエンタルランドによる東京ディズニーランド開園などを経て復活。現在では千葉県を代表する大手私鉄として鉄道・不動産・百貨店など多種多様な事業を展開。

POINT

・千葉県・東京都が地盤の大手私鉄、オリエンタルランドの筆頭株主でもある
・売上高はCOVID-19影響から回復するも利益低迷、直近は不動産が利益の柱
・平均年収721万円で総合職は昇給も早い、年間休日104日と少ない