カテゴリー
半導体製造装置メーカー

アドバンテストの企業格付・就職偏差値【業績動向から平均年収まで解説!】

企業概要

アドバンテストは、半導体業界向けテストシステム・計測機器を主力とする半導体製造装置メーカー。1953年に微小電流計の製造を目指して創業、1970年代には半導体の品質を出荷前に自動検査するテストシステム分野へと進出。現在においては同分野で米テラダインと世界シェアを二分する最大手であり、自動検査工程に必須となるシステム・ハンドラ・インターフェースをワンストップで提供できる点に強み。米エヌビディア社との取引関係が深い。

POINT

1.半導体テストシステムで世界2強の一角、世界シェアは首位
2.売上高・利益いずれも絶好調で成長基調、財務体質も大いに健全な水準
3.平均年収1,010万円だが賞与比率は高め、福利厚生もそこそこ良好

カテゴリー
半導体製造装置メーカー

ディスコの企業格付・就職偏差値【業績動向から平均年収まで解説!】

企業概要

ディスコは、半導体業界向け精密加工装置・精密加工ツールを展開する半導体製造装置メーカー。1937年に広島県呉市で砥石メーカーとして創業したが、1970年代に半導体分野へと転向。現在では半導体メーカー向け切断・研削装置を展開しており、シリコンウエーハを切断するダイシングソー・レーザーソー、シリコンウエーハを磨くグラインダ・ポリッシャーが主力。半導体業界における世界シェアは傑出しており、ダイシングソーは世界シェア70%以上、グラインダ・ポリッシャは世界シェア60%以上を誇る。

POINT

1.半導体向け切断・研削装置で世界シェア首位、ニッチトップ企業
2.売上高・利益いずれも好調、無借金経営で財務手堅い
3.平均年収1,329万円と極めて高め、社内通貨などの独自施策も

カテゴリー
重工メーカー

日立建機の企業格付・就職偏差値【業績動向から平均年収まで解説!】

企業概要

日立建機は、油圧式ショベル・道路機械・ダンプカー・マイニング設備などを展開する大手建設機械メーカー。終戦直後に発足した日立製作所の建設機械部門を源流とし、1969年に日立製作所から分離独立した。1960年代に日本企業として初めて油圧ショベルの量産化に成功。高度経済成長における建設ブームを支えた他、優れた信頼性で海外輸出を伸ばしたことでグローバル建機メーカーとして躍進。現在では世界113ヵ国以上への輸出実績を持ち、建機メーカーとして世界シェア上位8位を誇る。

POINT

1.日立Gの大手建機メーカー、海外売上高比率80%以上のグローバル企業
2.売上高・利益いずれも景気変動に左右、財務体質は普通レベル
3.平均年収741万円だが住宅補助が手厚い、転勤リスクの低さも魅力

カテゴリー
化学メーカー

フジミインコーポレーテッドの企業格付・就職偏差値【業績動向から平均年収まで解説!】

企業概要

フジミインコーポレーテッドは、研磨材・研削材の製造販売を主力とする化学材料メーカー。1950年に越山照次が人工研磨剤の生産を目指して創業。国産初となる人工研磨剤の量産化に成功し、約70年に渡って同分野を牽引してきた。1967年にはシリコンウエーハ向け研磨剤の生産を開始し、超精密領域での表面加工技術を確立。現在では半導体メーカー向け超精密研磨剤では世界シェア90%にも迫る最大手である。世界の大手半導体メーカーを顧客としており、海外売上高比率は77%にも達する。

POINT

1.愛知県地盤の人工研磨剤メーカー、半導体向け超精密研磨剤で世界首位
2.売上高・利益いずれも絶好調で成長基調、財務体質も驚異的な健全性
3.平均年収1,086万円と愛知県下トップクラス、福利厚生もそこそこ良好

カテゴリー
金融サービス会社

ジャフコグループの企業格付・就職偏差値【業績動向から平均年収まで解説!】

企業概要

ジャフコグループは、ベンチャー投資・バイアウト投資・ファンド運営などを手掛ける大手ベンチャーキャピタル。1973年にベンチャー投資を目的として野村證券・日本生命・三和銀行の合弁会社として設立。以来、日本最古かつ最大のベンチャーキャピタルとして君臨してきた。主力事業はベンチャー企業投資とバイアウト投資であり、累計投資先数は4,167社にも上る。日本を代表するベンチャー企業群にも投資実績があり、チャットワーク・マネーフォワード・UUUMなどが株式上場を果たしている。

POINT

1.日本最古かつ最大のベンチャーキャピタル、旧野村グループ
2.売上高・利益は横ばい傾向が強い、金融環境の悪化で直近の業績は暗雲
3.平均年収1,365万円だが年功序列色が強い、福利厚生も極めて良好