カテゴリー
機械メーカー

【勝ち組?】ヤマハ発動機の就職偏差値・難易度と平均年収【企業研究レポート】

企業概要

ヤマハ発動機は、バイク・自動車用エンジン・船外機などを製造する輸送用機器メーカーである。戦時中に飛行機部品を製造していたヤマハが戦後に民生分野での技術転用を図り、1955年にバイクメーカーとして分離されて設立された。船外機では世界シェア首位を誇り、バイクでは世界シェア4位に位置する。かつてはヤマハの持分法適用会社であったが、2007年にヤマハが保有株の大半を売却。現在ではヤマハとヤマハ発動機が相互に約5%程度の株式を持ち合う対等関係へと移行している。

POINT

・バイク・船外機・エンジンなど幅広く製造する輸送用機器メーカー
・2021年から業績好調で売上高2兆円を突破、財務体質も良好
・平均年収812万円と中堅自動車メーカーを凌駕、静岡勤務の可能性大

就職偏差値と難易度

✔就職偏差値:66(上位)

日本企業における中堅上位クラスの1社であり、世間的にも有名企業として認知される。サラリーマンとして安定した人生が得られるが、入社するには人並み以上の努力が必要だろう。
詳細な企業分析は以下の業績動向社員の待遇を参照。本レポート末尾に総合評価を記す。

✔就職難易度:難関上位級

総合職の採用人数は年間200人前後とそこそこ多いが、うち事務系総合職は50名前後。日本全国の著名大学から採用を幅広く行っているが、地元の雄たる静岡大学から毎年20名以上の積極採用を継続。
採用大学:【国公立】静岡大学・名古屋大学・九州大学・筑波大学・名古屋工業大学・九州工業大学など、【私立】早稲田大学・立命館大学・関西学院大学など(出典:大学通信ONLINE

業績動向

✔売上高と営業利益

ヤマハ発動機の売上高は1.5兆円規模で安定的に推移してきたが、2020年から売上高が急伸*1。2023年には過去最高となる売上高2.41兆円に到達。営業利益も売上高に連動して増加傾向にあり、2023年には過去最高となる2,506億円に到達。
*1:売上高が急増した理由は、①主力製品の二輪車がブラジル・中国・ベトナムなどで販売台数を拡大した点、②船外機・プレジャーボートの販売拡大・値上げ対応、③為替レートの円安推移による為替効果、など。

✔セグメント別の状況

ヤマハ発動機はランドモビリティ事業(バイク・バギー・自動車エンジン&部品、電動自転車など)、マリン事業(船外機・ボート・漁船など)、ロボティクス事業(半導体製造装置・産業用ロボット・無人ヘリなど)、金融サービス事業(自社製品の販売金融&リース)、その他事業(ゴルフカー・除雪機)、の5事業を有する。
当社は売上高の約65%・利益の約50%をランドモビリティ事業が占めており、二輪車・バギー・エンジンなどが事実上の主力事業となっている。マリン事業は利益率が特に高く、全社利益の約45%を占めるほどになっている。

✔最終利益と利益率

ヤマハ発動機の純利益は2021年から増加傾向にあり、直近では1,584億円ほど。営業利益率は2021年以降は10%以上で推移しており、自動車業界としてはかなり高めの水準を確保できている。

✔自己資本比率と純資産

ヤマハ発動機の自己資本比率は直近で42.0%とそこそこ高水準であり、安定的な利益体質もあわせて考えれば堅実な財務体質。純資産は過去10年以上に渡って増加基調を維持しており、直近では1.13兆円に到達している。

社員の待遇

✔平均年収と平均年齢

ヤマハ発動機の平均年収は直近で812万円にまで到達しており、中堅自動車メーカーを上回るまでに至っている。大卒総合職であれば30歳で年収650万~700万円ほど、課長職レベルで1,050万~1,150万円になる。静岡県下ではトップクラスの給与水準である。

✔従業員数と勤続年数

ヤマハ発動機の単体従業員数は過去8年間に渡って横這いで推移しており、1万人規模で安定。子会社・関係会社を含めた連結従業員数は5万人を超える。平均勤続年数は20年前後とかなり長めの水準にあり、従業員の定着の良さが伺える。

総合評価

企業格付け:B

バイクや船外機などで世界的シェアを誇り、エンジンやダンパーなどの自動車部品を大手自動車メーカーに供給する著名メーカー。売上高は2兆円レベルに到達しており大手メーカーの一角。業績・財務はいずれも堅実で利益率も良好、そのうえメーカーでありながら景気変動への耐性も強い点は見逃せない。長年に渡って売上高の成長が停滞していたことは課題だが、2020年以降には成長軌道に回帰。

就職格付け:B

世界的シェアの高さに加えて、ヤマハとの歴史的関係性も密接であることからブランドイメージは抜群、世間体も良い。業績が安定しており平均勤続年数も長めである為、安定した終身雇用を期待する場合には優良企業か。ただし、事業所の大半が静岡県に集中しているため都心志向が強い場合には注意。年収は大手メーカーとしては凡庸な水準にも感じるが、居住地が静岡県であることを加味すれば、持家取得してそこそこ豊かな人生を楽しむには十分なレベルであろう。

就職偏差値ランキング【完全版】はこちら!

出典:ヤマハ発動機株式会社(有価証券報告書)